株式会社エフレジ

ホームお知らせ学校法人聖母被昇天学院は「 F-REGI 寄付支払い 」を導入し、インターネットでの寄付金募集を開始

学校法人聖母被昇天学院は「 F-REGI 寄付支払い 」を導入し、インターネットでの寄付金募集を開始

報道資料

2020年10月29日

学校法人聖母被昇天学院
株式会社エフレジ



学校法人聖母被昇天学院は「 F-REGI 寄付支払い 」を導入し、
インターネットでの寄付金募集を開始



■ 本プレスの詳細

 学校法人聖母被昇天学院( 所在地:大阪府箕面市、理事長:宮本 恵子、以下:聖母被昇天学院 )は、株式会社エフレジ( 本社:大阪市北区、代表取締役:杉本 和彦、以下:エフレジ )が提供するSaaS型の寄付金総合ソリューション「 F-REGI 寄付支払い 」を導入し、2020年8月15日( 土 )よりインターネットによる寄付金募集を開始いたしました。

< 聖母被昇天学院 公式WEBサイト >
( URL )https://www.assumption.ed.jp/futurefund/

 寄付者は、聖母被昇天学院のWEBサイト( 上記URLご参照 )から寄付受付画面( F-REGI 寄付支払い )にパソコン・スマートフォンなどから遷移し、時間、場所を問わず、国際ブランド( Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club )のクレジットカードを利用して寄付することができます。

 聖母被昇天学院は、創立70周年に向け、皆様にとってより良い世界を構築するための新しい社会への変革にアサンプション国際が貢献できるよう、学院と修道会、同窓会の連携によって2020年8月15日被昇天の聖母の祝日にAssumption Future Fund( アサンプション未来基金 )を設立いたしました。

これは本学が提供する教育を信じてくださる皆様のご支援を賜り、希望に満ちた未来の実現を確実にするための基金です。平和を求め、社会の変革に貢献することを目指すアサンプション国際のこの貴い教育の使命にご賛同いただき、この価値ある取り組みの一員となってくださることを心から望んでおります。アサンプション未来基金へのご参加を心からお願い申し上げます。

 エフレジは、寄付者の安全性、利便性の向上および寄付事業担当者の業務効率化に努めてまいります。

< F-REGI 寄付支払い >

 寄付受付画面から統一されたインターフェースによる多様な決済手段を標準搭載した決済会社が唯一提供する、SaaS型の寄付金総合ソリューションです。
 寄付者は、申込みから手続完了まで統一された画面デザインのもと、セキュアな環境下にて、違和感なくシームレスにご利用いただけます。
 学校側は、システム開発を行うことなく、スピーディーに寄付金事業を開始可能であり、様々な管理機能まで標準搭載されております。
 エフレジでは、進化続ける「 F-REGI 寄付支払い 」を全国310以上の学校法人へ安定稼働にて提供し、本年度も、さらなる機能アップを予定しております。

 【 F-REGI 寄付支払いURL 】 https://www.f-regi.com/kifu/



< 本リリースに関する報道機関からの問い合わせ先 >

■ 学校法人聖母被昇天学院
  入試広報課:佐藤   TEL:072-721-7680
  URL:https://www.assumption.ed.jp/

■ 株式会社エフレジ
  広報担当:佐藤・礒部   TEL:06-6485-3737( 代表 )
  E-Mail:info@f-regi.com / URL:https://www.f-regi.co.jp/

お知らせトップへ戻る


前の記事:学校法人興國学園は「 F-REGI 寄付支払い 」を導入し、インターネットでの寄付金募集を開始
次の記事:栃木県下野市は、F-REGI 公金支払い を導入し、市税等のクレジットカード納付を開始